ENGLISH

トピックス

  • キレイな英会話をするには?

    どうせ大阪で英会話をするなら、発音が良いと思われたいですよね。難しいと思っている人は、知らず知らずのうちにカタカナにがんじがらめにされていますよ!特に言語脳が発達している女性、それも新しいことと吸収しやすい若い女性は、発音が良いことが多いです。…

    MORE

英会話を上達させるためには!

英会話と一言にいっても、様々な用途があります。海外旅行に行きたい、海外の友人と話したい、海外で仕事をしたいなど、様々な目的があります。目標を持たないまま漠然と英語を喋れるようになりたいと思って勉強を始めても、到達地点がないので続きません。まずは、自分が何のために大阪で英会話を勉強するのかを考えてみて下さい。
また、テキストを利用して自分で勉強し始めても長続きしない人は沢山いると思います。それは、例文を見ても実用的なものでなかったり、どんな場所で使えばいいのか分からないような言葉ばかりがテキストに記載されているからです。例えば「あなたはただ勉強さえしていればいい」なんて言葉は、日本語の日常会話でも使用しないような文章です。しかし、実際にテキストに記載された例文はこのようなものが多いのです。
自分の役に立たないものを勉強しても上達した気になれないのですから、長続きしないのは当然です。海外旅行に行った際に簡単な英会話を使えるようになりたい場合、基本の現在形がある程度使えるならば、観光に必要な単語だけを覚えれば十分です。海外の友人と自由に喋れるようになりたい人は、是非大阪の英会話カフェに行ってみて下さい。ラフな会話がメインなのでオススメです。
会社で英会話を利用したい人は、ビジネス英語を学べる大阪の英会話教室に通いながら単語のバリエーションを増やすと良いですよ!まずは自分の目的を考える所から始めてみて下さいね!

英会話は積み重ね

大阪で英会話を身につけるには、とにかく継続するしか方法はないと思います。大阪の英会話スクールに通うにしても結局は自分で努力するしかないのです。でも時間さえかければ少しずつ身についてゆくのです。私の場合は特に中学の時から英語が苦手科目でリスニングなんかは全くできなかったのです。
しかし毎日、15分だけリスニングをするようになりました。最初はテキストを見ながらでもわからなかったものが1ヶ月も続ければ聴き続けた文章の聴き取りができるようになりました。その体験がやる気のスイッチとなりリスニングをすることが楽しくなりました。しかし、そのレッスンで聞いたことは聞き取れるがそれ以外のことが流れると全く聞き取れないのでした。それでやっぱり英会話なんてなかなか出来ないなとモチベーションが下がってしまいました。しかし、そのことを英会話を習得している大阪の友人に相談したところ、友人も同じく習得するまで私とおなじような体験をしたということでした。
そして私の友人はこのように言いました。「英会話はある日、突然できるものではなく練習の過程で何度も挫折を味わいふっと気がついた時に自分の成長が感じられるものだよ。」その言葉を聞いて私は何かを習得すること継続して練習するしか方法はないのだなと改めて思いました。

英会話を本当の意味で上達させるには

大阪で英会話を上達させるには、英会話を話す機会を多く作ることです。これは当然なのですが、単純に英会話を話すだけでは、充分にきちんとした英会話を身に付けることが出来ないです。文法だけでなく、発音やイントネーションも英会話を学ぶ上ではとても重要です。大阪では、日本語訛りの英語を話しても通じます。
周りにいるネイティブの外国人も日本人が話す英会話をなんとか理解しようと努力してくれてるからです。しかし、これが本当に海外へ出かけた時には通じなかったり、相手にされないことが生じます。そういったことがないように、楽をせずに、しっかりと英会話の発音やイントネーションは日頃から練習するべきです。
時々、日本語訛りの英語でも話せればそれでいいと言う人がいますが、それは、努力しても無理な時の最終手段です。ですから、日々の大阪での英会話の学習では、ネイティブの発音やイントネーションを真似して、少しでもネイティブに近づけるように心掛けるべきです。どうすれば、そういった英会話学習が出来ているのか判断できる方法として、英会話を話した後に口が筋肉痛になっているかどうかです。日本語訛りで話すと、口は疲れないです。しかし、きちんとした英会話の発音とイントネーションで話すと必ず口の筋肉が疲れます。疲れるぐらいに出来た時こそ、しっかりと英会話を学習できている証拠です。


英会話ができるようになりたい。いまよりももっと上達したい、そんな方たちの思いをかなえるのが大阪の英会話上達システムであり、こちらを利用すればみるみるうちに英会話スキルがアップしていきます。本格的に英会話を学びたい方にもおすすめですので、ぜひ一度チェックをしていただければと思います。

ニュース

インフォメーション

TOP